天真正伝香取神道流剣術

 第二十代宗家

飯篠 快貞

〒287-0017

千葉県佐原市香取1827

■ 電話(0478)57-3161

  飯篠 快貞

由来

 日本武道の源流「天真正伝香取神道流」は飯篠長威斎家直を流祖として、下総の国香取の地に伝承する武道である。家直公は六十余歳にして香取大神に壱千日の大願をたて斉戒沐浴、兵法に励み百錬千鍛を重ね粉骨の修行の後、香取大神より神書一巻を授けられたと伝えられ、その後、連綿と続き、現在宗家二十代目飯篠快貞に至っている。
 その間、有名な門流には上泉伊勢守、塚原土佐守及び卜傳、松本備前守、諸岡一羽斎、秀吉の軍師竹中半兵衛、奥州仙台家老片倉小十郎(白石城主)、幕府旗本には中台信太郎、松本直一郎、伊庭軍兵衛ら、また諸藩の代々指南家等々枚挙にいとまがない。
 なお当流には剣術、居合術、柔術、棒術、槍術、薙刀術をはじめ奥には軍配法、築城法、天文地理陰陽気学に至る総合武術として、古来軍学者や武将たちが学んだ兵法から入り、平法に至るまでの膨大な修行法が残されている。

系譜

流祖・飯篠長威斎家直-盛近-盛信-盛綱-盛秀-盛繁-盛信-盛長-盛久-盛定-盛重-盛次-盛清-長照-盛照-盛重-盛房-盛貞-金次郎-快貞

流儀の特徴

 戦国時代の流派であり、戦場で鎧を着用した技が多く、斬突の場所は甲鎧の弱点、たとえば、首、脇、小手の裏、腰の直ぐ上、内ももなどを打つ。稽古中武器と武器が激しく当たっているが(実際は斬っている)、それは他から形を盗まれないためである。また一本ごとの形が非常に長く作られている。

活動状況

平成二十年三月十三〜十八日 フランス剣道連盟主催パリ大会で演武
平成二十年四月十五日 香取神宮奉納演武
平成二十年五月五日 芝山観音教寺フェスティバル奉納演武
平成二十年六月八日 鹿島神宮奉納演武
平成二十年六月二十九日 大阪市古武道大会演武
平成二十年十一月三日 明治神宮古武道大会演武

●稽古場及び支部
 ▽本部道場
 佐原市香取1827
 電話(0478)57-3161
 ▽神武館
 成田市下福田121-1
 電話(0476)22-0747
●文化財指定
 昭和三十五年六月 千葉県無形文化財指定
 保持者 飯篠快貞、大竹利典、大竹信利、京増重利
両刀両刀 薙刀術薙刀術 剣術剣術